【法人】社会保険料の差押予告通知書が届いても人生終わりじゃない!分納という方法があるよ。

差押予告通知書 借金返済日誌

プニです。
1,800万の借金を作った経緯や明細はプロフィールをご覧下さい。

今日は会社の借金の話。

中小企業にとって、社会保険料の負担はかなり大きいですよね。特に小規模企業であるほど、従業員が一人増えることでの負担が大きすぎる!毎月綱渡りで何とか・・という状況を多くの社長さんが経験しているのではないでしょうか。

僕の会社も社員を雇うようになってかれこれ10年以上、ストイックに社会保険料を納付してきましたが、プロフィールに書いたようなザマで、この1年ほどで収支バランスを大きく崩し、3ヶ月分の社保料滞納を生じさせてしまいました。

社会保険料を納付できないとどうなる?

未納の場合、督促状が確か納付翌々月の頭くらいに届き、中旬頃までの納付を求められます(自治体によって違うかもしれません)。万が一納付できない場合は、いついつまでに年金事務所へ来所して下さいとの警告文が書かれています。

弊社も督促が2回ほどあり、その際は個人のカードローンで借金して何とかギリギリで納付していました。しかし、3回目の未納の際には督促が来なかったので、ふふーん・ω・とそのまま放置していたところ、届いたのがトドメの差押予告通知書でした。

社会保険料の差押予告通知書の内容とは?届いたらもう人生終わりなの?

差押予告通知書

これはさすがにビビりましたね。
内容は以下のとおりです。

 

貴事務所の社会保険料は、現在下記のとおりの滞納額となっております。
また、納入計画についても連絡がありません。
つきましては、国税徴収法の例により財産差押、取引先調査の上売掛金の回収等を行っていきますので、予め通知します。
差押を回避されたい場合は、下記期日に当所徴収課へ来所のうえ、下記滞納保険料を納付してください。
下記期日までに来所されない場合、滞納解消の意思がないものと判断し、財産差押等の滞納処分を執行しますので、ご注意ください。

 

いつか直談判しないとならないんだろうなという恐れは常にありましたが、ついに来たという感じです。そして、この通知文が怖いですよね。

「財産差押」(財産ありまてんw)
「取引先調査」(バレたら信用なくす・・)。

それで、もうこれは逃げられないので、覚悟を決めて指定されたように納入計画案、決算書、資金繰り表などを作って持参しましたよ。納付計画については、ネットで調べてもいまいち情報がないので、エイヤーで3ヶ月分の滞納を6回に分けて納付するという計画案を作成しました。

資金繰り表

社会保険料納入計画案

実際に使ったお手製のw計画書です(数字はダミー)。記事の最後にダウンロードリンクまでつけちゃいましたよw

 

社会保険料は納入計画を作っていけば、分納に応じてもらえる!

来所当日。応接スペースに通され待っていたところ、50歳くらいの男性職員の方が対応して下さいました。共通認識をとった後、こちらから書類一式を提出し、納付計画案を説明。ちなみに決算書は2期分を持っていきました。(前々期の方がだいぶ売上が多かったからw)

金融機関で融資を受ける際の面談のようなイメージがあり、資金繰りについて根堀葉掘り聞かれるのかと思いきや、拍子抜けするお言葉。

 

ここまで作成して頂きありがとうございます。これなら大丈夫でしょう。

 

 

当面の入金予定として、受注表(見積書)なども持って行ったのですが、それにはあまり興味がなさそうでした。融資の面談とは全然違うのだな~と妙な発見がありました。職員の方も決まりで淡々とやっている、という印象でした。(ここまでしてこないズボラ貧乏社長も多いのかもしれません)

職員の方がいったん離席し、15分くらい待合室で待機。僕は手持ち無沙汰で、なぜか菅義偉ブログを読み込んで真面目さを演出したり(誰も見てない、小心かよw)。

 

そうこうしているうちに職員さんが戻って来られ、6回分の納付書を渡されました。そして最後に「納付誓約書」というものに記載、捺印をします。誓約書の要点は以下のとおりです。

  • 今後の毎月の保険料は納期内に納入すること
  • 延滞金は別途届く納付書により随時納付すること
  • 納付計画が不履行となった場合、差押等の滞納処分を受けること

ちなみに口頭で、万が一払えない状況となった場合は、担当者まで速やかに連絡をするように指示を受けました(実際払えない人もたくさんいそう)。

そんなわけで、面談はものの30分ほどで終了。何かを成し遂げた爽快感から、このままケーキでも買って帰ろうかなと浮足立ったほどでしたw

必死に納付していきます!

納付計画については、来年5月まで確実にやらないとまた面倒なことになりますから、これからが本番という感じですが、今回、色々と分かったこともありました。

実は僕はこれとは別に消費税も滞納し、分納の相談をした後に完済したことがあります(これは電話だけでOK)。意外と税務署や社会保険事務所も、分納の相談には応じてもらえるんですよね。

ということで、滞納の不安を抱えている社長さんや、差し押さえの通告があり絶望している方でも大丈夫!ということをお伝えできたらと思います。この記事が少しでも希望につながれば幸いです。

頑張って稼いで利益を出しまくっていきましょう!