プロフィール

差押予告通知書

このブログをスタートする数週間前に届いた年金事務所からの「差押予告通知書」。さすがにビビりました。

 

こんにちは!プニです。

都内で15年ほど会社経営をしている40代♂です。役員と社員が数名の小さな会社です。15年も続いて凄いねとお褒め頂きますし、まさか経営がヤバいとは知人からは思われていないんですが、実情はヒドく傾斜しています(笑)

この1年間はもちろん、自分の役員報酬は出ていません。加えて別の役員の報酬、ついには社員の給料まで出せなくなりました。。幸い仲間に恵まれており、彼らもそれぞれ抱えている借金もあるので、オープンにして、皆で乗り切って行こうと頑張っています。

このプロフィールを書いている、2018年11月19日時点の借金・未払金を整理しました。

会社の借金

国金からの借入 ¥2,194,000
父親からの借入 ¥1,419,000
その他借入金 ¥2,135,994(これはほぼプニ個人からの借入です)
—–
計 ¥5,748,994

会社の未払金・滞納金

社保料3ヶ月分 ¥599,232(冒頭の差押予告通知書はこの分です)
役員・社員未払金 ¥3,328,140
取引先への未払金 ¥1,461,357
税理士さんへの未払金 ¥68,453
住民税未払金 ¥24,900
—–
計 ¥5,482,082

プニ個人の借金

A社カードローン ¥2,036,593
B社カードローン ¥483,973
C社カードローン ¥83,034
地銀ローン ¥2,681,635
D社キャッシング ¥478,157
E社キャッシング ¥390,000
生命保険貸付 ¥217,000
小規模企業共済貸付 ¥250,000
—–
計 ¥6,620,392

 

以上、総計 ¥17,851,468
これに加え、延滞税や利息もかかってきます。。

 

もちろん貯金はゼロ。自分の給料が出ていないのでどうしているかと言うと、日々少しずつでも入ってくる売上を1,000円単位で引き出して凌いでいます(笑) 自転車操業とはこのことです。

それでも足りないので、個人のカードローン・キャッシングは常に限度額ギリギリ。最近は着々と、限度額引き下げの措置を取られ始めております(涙)

自己啓発セミナーへの投資からスタートした借金苦

そもそもなぜこのような債務多重な人生になったのか?思い返せば、5年ほど前は借金も未払金もありませんでした。

きっかけは、自己啓発セミナーの研修費と、代理店契約の資金捻出のため、銀行カードローンを250万ほど借りたことです。当時は今ほど規制が厳しくなく、年収の3分の1以上のお金でも借りることができたんですよね。

カードローンの月々の返済は4万円でしたが、ただでさえ役員報酬は20万ほど。一気に生活が締め付けられた感じです。しかもこのカードローン、半分は利息なので、全っ然減っていかない!きっと共感頂ける方も多いことでしょう(笑)

ただこれは長い長い冬の始まりでしかありませんでした。

FXで自分のお金も人のお金もすっ飛ばしました!

苦しい状況を何とかしようと2014年の夏、手を出したのがFXです。3万円の元手でスタートした記録が残っていました。当時はアベノミクス・黒田バズーカで一気に円安が進行しており、最初は面白いように利益を出していくことができました。

オレ絶対才能あるし!周囲にもそう豪語し、その気になった友人はカードローンで借りた200万を僕に預けました。元手が大きくなり、レバレッジも目一杯。一晩で20万を超える利益を出したりと、完全に狂喜乱舞。

今考えてみれば、狂っていたとしか思えませんが、天狗になった僕を神が戒めるかのように、相場が激しく揺れ始めました。

損切りできずに一気に150万飛ばしました。

その後も何とか挽回しようと奮闘したものの、ただただ感情を揺さぶられ、含み損が膨らむ恐怖を味わい続けながら、結果、友人のお金、新たに借金をして投入した自己資金もすべて失いました

この時期はチャートばかり気になって本業も手につかず、精神がとにかく疲弊したことを覚えています。トレードの怖さ、人間(自分自身)の弱さなどを知る良い機会でした。投資はやはり、余裕資金でやることですね。

ちなみに200万を借りた友人も、いま現在、ひぃひぃ言いながら返済に追われています。これは僕は「借り」だと思っているので、きちんと稼いで返したいと思っています。

本業でも稼げないジレンマ・・・増え続ける借金!

最悪なことに、この頃は仕事への意欲も失っていました。10年以上も同じことをやっていると、マンネリから自分の仕事に対しても誇りを持てなくなりました。仕事がないと売上にならないのに、もう仕事なんか来るな!そんな矛盾を抱えていました。

実際モチベーションの低下は3年ほど続きます。保守的になり、売上も徐々に落ちて、その度に借金を重ねていきました。

何も手を打たなかったわけではありません。今の仕事だけではビジネスモデル的に厳しいということで、物販や某サービスの加盟店になったりと新事業も始めました。

ところが片手間でうまくいくことは決してなく、仕入代や加盟金等もさらに借金を増やすことにしか繋がりませんでした。自分は経営者失格だと、仲間の前で何度も涙を流しました。(それでも励まし支え続けてくれているので有り難い限りです)

とにかく恐れから出発しても、恐れしか生まない。これは自分自身の経験を通じて良い教訓となっています。

小規模事業者には負担の大きい税金や社保料

もう一つ、ダメージが大きかったのが税金や社会保険料です。ただでさえお金のないところに、60万円の消費税の納付書が届いた時には、マンガのように崩れ落ちました。しかも放置していて納付期限日に封を開けました。

毎月の社会保険料も、小規模事業者であるほど負担が大きいものです。滞納している事業者さんも多いと聞きます。

冒頭の差押予告通知書が届き、返済計画を作って年金事務所へ行ったのは最近のことです。6回の分割を希望したのですが、これはすんなりと受け付けてもらえました。(手慣れた様子でした・・)

どん底だからこそ決断できた、「オレは1.5億稼ぐ」!

長い長い停滞期の間、泣いても悩んでも、クソしても自暴自棄になっても、状況は何も変わらないどころか、一層悪化していきました。もう支払いできないのが当たり前にすらなっていきました。

でも飽きるまでそれをやったのだと思います。2018年の夏、初めて社員の給料を払えませんでした。その時、本気で「このままではいけない!」と僕の中の情熱が点火しました。

40代、まだまだ若い。だから「稼ぐ」ことを本気でやってみようと思いました。独立した当初はイケイケで、けっこう稼げてたんです。だから、できないことはない。

仲間は投資で19年の10月までに1.5億稼ぐそうです。それを聞いて、僕もエイヤーで1.5億稼ぐことだけは決めました。

もともとネットビジネスで創業したこともあり、ネットは得意分野ですので、そのスキルを生かして、ネットビジネスを中心に稼ごうと思っていますが、限定せずに稼げる情報には貪欲に食らいついていきたいです。

スイッチが入ると、本業に対する姿勢も変わってきました。お客様に喜んで頂けることを純粋に嬉しく思ったり(前はそれも喜べなかった)、より仕事熱心な自分がいます。

たかがお金で命を絶つな!

数週間前、知人の経営者から借金に悩んでいることを打ち明けられました。かなり追い詰められているようで、自殺して保険金で家族を・・・といった話まで告白してきました。

色々と聴いていくと、借金のことを家族にも相談できず、本当に孤独な状態で悩んでいたようです。赤の他人にでも、勇気を出して告白したことで、多少は心の荷が下りたようです。頑張って稼ぎましょうと勇気づけました。

きっと、借金でお悩みの方(個人や経営者の方)が検索などでこのブログに来ることが多いと思います。そういった方を多少なり勇気づけられたり、役に立つ情報などもあれば惜しみなくシェアさせて頂こうと思っています。

そういう思いでこのブログを始めました。どうぞプニの挑戦をお楽しみ下さい!

2018年11月19日 プニ